年次大会

若手ポスター発表と若手研究者イノベーション賞について


2021年度年次大会実行委員会

担当理事 高山弘太郎

  • (2021.5.22、大会実行委員会)若手研究者・学生ポスター発表の審査の結果、次の3課題が「若手研究者イノベーション賞」を受賞しました。おめでとうございます。

    • P-02 建築環境工学的手法を用いた農作物の光環境最適化の検討 〇碓井華帆,戸田清太郎(豊橋技科大),藤内直道(愛媛大院農),高山弘太郎(豊橋技科大,愛媛大院農)

    • P-03 温室内でドローンにより取得した画像群から解析対象を効率よく取得する方法の構築○兒玉晋洋 (かずさDNA研究所),石井昌範(東京大学)、七夕高也(かずさDNA研究所)、磯部祥子(かずさDNA研究所)、岩田洋佳(東京大学)、郭威(東京大学)

    • P-05 EasyIDP: A python package for intermediate data processing in UAV based plant phenotyping○王浩舟 (東京大学), 加藤洋一郎(東京大学), 郭威(東京大学)



若手研究者活性化のための企画として,「若手ポスター発表」を実施します。

口頭説明の時間はありません。提出されたファイル(PDF)を参加者に共有することでポスター発表とします。※

また,若手ポスター発表の中で優秀な発表に対して「若手研究者イノベーション賞」(2発表)を授与します。

審査は提出されたポスターファイルにもとづき実施します。

※詳細は検討中。ファイルのダウンロードを予定。


1.若手ポスター発表について

①趣旨:

通常の研究発表ではありません(口頭発表との内容重複は不可)。

研究開発の成果およびその過程で生まれた様々な創出物やアイデアについてポスター発表し,その創出物の実社会での活用,事業化およびイノベーションの可能性等について提案してください。


(例1)スマホを用いた@@アプリケーション

(例2)3Dプリンタを用いて作成した@@計測器

(例3)ドローンを使用した@@計測の試み


②対象者:

39歳以下の農業情報学会会員(学生会員も含む[学会員以外の方の発表登録はできません])が筆頭発表者

(注:知的財産権に配慮するため,発表内容を含む研究課題の研究代表者(PI)が共著者となること)


③発表登録および講演要旨の提出:

発表申込のページの発表の種類で「若手ポスター発表」を選択してください。

講演要旨は原稿送付のページで500文字以内のテキストを

「講演要旨の提出(若手ポスター発表の方のみ)」に入力し,提出してください。


④ポスターの提出および発表の方法:

2021年5月17日(月)までにポスターファイル(PDFファイル、サイズA4)を大会実行委員会に提出してください。

提出先:

農業情報学会大会実行委員会事務局

e-mail: taikai@jsai.or.jp

大会期間中に口頭で説明するための時間(コアタイム)は設けておりません。

ポスターのみで完結する発表としてください。

提出されたPDFファイルは事務局が編集不可等のプロテクトとパスワードをかけたうえで参加者限定でダウンロードできるようにする予定です。


2.若手研究者イノベーション賞(Young researcher innovation award)

※大会実行委員会が制定する賞です(学会賞ではありません)

①概要:

若手ポスター発表の発表課題の中で優秀な2発表に対して授与します。

②審査の方法:

当学会の理事(5名以上)が審査員となり,表現,独創性・意外性,社会実装の可能性,事業化・イノベーションへの期待の観点で審査します。

③授与式:

副賞として,クオカード3,000円分を贈呈します。


<連絡先>

2021度年次大会実行委員会

担当理事 高山弘太郎