2018UECS関連推進会議開催案内

2018UECS関連推進会議開催案内

UECS研究会・スマートアグリコンソーシアム・低コスト施設園芸研究ネットワーク・西日本農業研究センターの共催で、添付ファイルの内容で、6月29日30日に香川県でセミナー等を実施する予定にしています。ICTに関係する研究者、企業、生産者の方が多数参加されると思いますので、是非ご参加いただき情報交換いただければと思っております。セミナー等の主な予定は以下の通りです。 2018年6月29日(坂出駅13時集合、香川県内の農業関係の施設見学で、善通寺駅近くで情報交換会) 2018年6月30日(西日本農業研究センター(仙遊)で各種会議とセミナ) 申し込み締め切りは、5月24日とさせていただきますが、お早めにお返事をいただけますと助かります。また、2018UECS関連推進会議開催要領.docを見ていただけますとご理解いただけると思いますが、下記の参加申し込みフォームに必要事項を記載いただき メールアドレス:kagawa2018@uecs.jp メールタイトル:2018合同新施設園芸ICTセミナ・見学会、合同総会参加申込書 として、メールで連絡いただくのが簡単です。 よろしくお願いいたします。 <参加申し込みフォーム> ------------------------------------------------------------ 下記の通り、2018合同新施設園芸ICTセミナほかの参加を申し込みま す。万一、当日欠席した場合でも、参加費、懇親会費のご 請求があれば、必ずお支払いいたします。 ■申込日: 2018年 月 日 ■所属: ■住所: 〒 ■電話番号: ■代表者メールアドレス: @ ■貸切りバス利用の希望: 有・無 (該当するものを残してください) ■所属団体: UECS研究会・スマートアグリコンソーシアム・低コスト 施設園芸研究ネットワーク・ALFAE・香川県・農業情報学会・ai tomato・その他 (該当するものを残してください) ■参加者氏名1: 参加内容: 6/29見学会・6/29情報交換会・6/30合同総会・6/30セミナ (該当するものを残してください) ■参加者氏名2: 参加内容: 6/29見学会・6/29情報交換会・6/30合同総会・6/30セミナ (該当するものを残してください) ■参加者氏名3: 参加内容: 6/29見学会・6/29情報交換会・6/30合同総会・6/30セミナ (該当するものを残してください) ------------------------------------------------------------
 

環境情報部会


部会長:大政 謙次


副部会長:清水 庸・星 岳彦



環境情報部会が扱う研究の一例




今年は、1992年のブラジルのリオデジャネイロでの地球サミット「国連環境開発会議」から10年が経過して、新たな地球サミット「持続可能な開発に関する世界サミット」が南アフリカのヨハネスブルグで開催され、地球環境問題の重要性が益々認識されるようになってきました。このような状況において、わが国の農業を取り巻く問題も温暖化などの地球環境問題を抜きにしては対処できなくなってきています。また、地球環境問題と重複するところはありますが、畜産廃棄物や農薬・肥料の使用による環境汚染や水域の富栄養化など、従来型の環境問題も依然として重要な問題として残っています。最近話題になっている狂牛病の問題も、見方をかえれば、畜産廃棄物の無秩序な再利用の結果といえます。残留農薬などの食品の安全性問題も、生産現場での有害農薬の大量使用など、環境問題と表裏一体の問題といえます。最近では、遺伝子組替え植物の環境に与える影響や安全性の問題もクローズアップされています。さらに、少子化に伴う就労人口の減少も、農山村地域における農耕地や森林の荒廃の原因になっており、環境問題の視点からの対策が求められています。このような多様な問題の解決には、遺伝子レベルから、農山村漁村、そして、これらを取り巻く生態系環境まで、幅広い分野での対応が求められます。そこで、環境情報部会では、「農山漁村、農林水産基盤、生産に関わる環境問題の情報科学的解析」に焦点をあて、生物環境情報、リモートセンシング、GIS・空間情報解析、農山漁村・農林水産分野のユビキタスネットワークなどを対象とした研究部会活動を行っていきたいと考えています。


具体的に対象とする課題としては、下記のような研究があげられます。

なお、環境情報部会の活動は、他の部会と関連する課題も多く、幅広い問題を扱っていきますので、部会間の枠を越えた人の集まりになっていくことを望んでいます。


 ●バイオ・エコセンシング(画像センシングを含む)


 ●遺伝子発現や植物・生態系などの環境応答解析

 ●ファイトバイオロジカルIT

 ●ファイト・エコインフォマティクス

 ●気象環境情報

 ●生産・環境情報

 ●汚染・有害物質情報

 ●地域環境・生活環境情報

 ●景観シミュレーション

 ●生物地球環境シミュレーション


 ●環境モニタリング

 ●各種モデリング

 ●環境を対象としたプレシジョン・アグリカルチャー

 ●農山漁村・農林水産分野のユビキタスネットワーク






質問等はこちらに



 

Facebook(農業情報学会)

メールマガジンについて

農業情報学会では年4回メールマガジンを発行しています。メールマガジンの受信を希望される方は、左側のメニューのお問い合わせから、会員番号を添えて、メールマガジン配信希望として送信をお願いいたします。
メールアドレスの変更があった場合や受信を停止したい場合も、同様にご連絡をお願いいたします。
 

ログインについて

本サイトでは、現在一般会員の皆様にログインしていただくことはできません。旧サイトではその機能が利用されることがなかったためと、情報保護の観点からコンテンツの追加・修正・削除が必要な方にのみアカウントを発行することにしました。農業情報学会の広報活動を手伝っていただける会員の方はお問い合わせより申請をお願いいたします。